注目キーワード
  1. AMP

鎌倉殿の13人 比企能員(ひきよしかず)藤四郎(とうしろう)「佐藤 二朗(さとう・じろう)」がついに追われる?

  • 2022年8月3日
  • 2022年12月24日
  • Actor
  • 192view

鎌倉殿の13人で最も野心深いのが比企(ひき)「佐藤 二朗(さとう・じろう)」ではないでしょうか。
今後、比企(ひき)がどういった形で追われて滅亡してしまうのでしょうか。
そんな比企(ひき)藤四郎(とうしろう)について少し調べてみました。

みなさんも気になりませんか。

ちょっと覗いてみましょう!

比企能員について

skawa68.com
  • 名前:比企能員(ひきよしかず)藤四郎(とうしろう)
  • 生年:???~2013年
  • 素性:源頼家の乳母父となり、娘を頼家の妾にし、
       子が生まれたことから執権を握りかけるが、
       北条家と対立し「比企の乱」で滅亡する
  • 役者:佐藤二朗(さとうじろう)
www.oricon.co.jp

比企能員の生誕は古い文献になく不明です。
今回の大河でもキャスティングされている源頼朝の乳母「比企尼」が叔母にあたるところから源氏派になっています。
比企能員は自身(比企家)の権力を高めようと当初は頼朝を持ち上げ頼朝の死後は頼家を持ち上げて行きます。
しかし、頼家が他の重鎮から信頼がなかったため、反幕府とされるようです。
そして北条からの対抗心が強くなっていきます。

thetv.jp

比企の乱

古い文献では『比企の乱』とされていますが、比企能員の本心で起こったことではなさそうです。
当時、権力闘争で犬猿の相手、北条時政が、政権を握ろうと画策する比企能員の動きを察知し、
大江広元を巻き込み、先手を打って、る比企能員に罠にかけています。
そう考えると、『比企の乱』ではなく『北条の策略』と言えるのではないでしょうか。

mantan-web.jp

古い文献では『比企の乱』とされていますが、比企能員の本心で起こったことではなさそうです。
当時、権力闘争で犬猿の相手、北条時政が、政権を握ろうと画策する比企能員の動きを察知し、大江広元を巻き込み、先手を打って、る比企能員に罠にかけています。
そう考えると、『比企の乱』ではなく『北条の策略』と言えるのではないでしょうか。
『比企の乱』の発端の一つが、頼家の後継者争いです。
比企は一幡を押しますが、北条が割って入り『源実朝』を立ててきます。
後に『比企の乱』で比企一族共々、一幡も死んでしまうので、やはり『北条の策略』がハマる形になります。
とはいえ、歴史上は源実朝が、鎌倉幕府第3代征夷大将軍として歴史に名を残すので「勝者が正しい」になってしまったのでしょう。

まとめ

鎌倉殿の13人が、権力争いで次々と消えていきます。
それぞれの欲が、醜い権力闘争になり、騙し騙され、追放・殺害が繰り返され混沌とした展開になっていくのでしょうか。
そんな中、三谷幸喜さんの演出もありますが『北条義時の正義』をどこまで美化してもらえるか楽しみですね。

最新情報をチェックしよう!